2010/02/20

雪を見ながら國母選手を思う

Kokubo このところバンクーバーオリンピックのスケートボード、ハーフパイプの日本選手國母選手の服装や態度について、ブログ上で議論が持ち上がっていた。私ははじめ、静観していたが、競技を見てから感じることがあったので不得意分野ではあるがさらっと言っておきたい。Kokubo2

ハーフパイプに出場している選手全体では國母選手の来ているようなスケボールックもあったが、アメリカの選手はジーパンを改造したような少しだけ幅広のパンツで滑っていた。あの競技はどうも、螺旋状に滑りながら風を計算に入れて滑り、なおかつ高く、新しいパフォーマンスをするというものらしい。その動作を維持するためには腰まで下がりだぶだぶ幅広のズボンが競技にはあっているのだろう。競技の時の衣装を着続けているとスーツも崩して着たくなるのだろう。耳や鼻のピアスは競技では構わないのだろうが、氷点下の世界では凍傷にならないかが心配だ。

海外では音楽会やオペラに出席するには服装に決まりがあり、スポーツレセプション会場での服装にしてもその流れがあるのではないかと思うが、新しく起きたスケートボードだから規定はないのだろう。この議論が起きたのが日本の国内なので、これは今の日本が問題なのかもしれない。それと、彼の態度に対して、海外の報道陣に聞くという報道をしていたテレビ局があったが、やはり、内田樹の日本辺境論のどこかを思い出す。自分で意見を出せないで、海外に「どうでしょうか」と聞く日本人がいるのではないか。

Kokubo3 きっこのブログでは國母が小さい時からスケートボードをしていて、海外遠征もしてきたつわものだと詳しく調べて書いていた。私もその情報がなければただの不良っぽいスケートボーダーとして、聞いていたと思う。だから國母は競技で答えを出して欲しいとも言っていた。実は私もそう思っていた。

少年のようなシャイな男の子がハーフボードの舞台に立った時は「がんばれ!國母」という気持ちになっていた。なんだか私の愛するトモ君のような気もしたし、スケートの高橋選手のアサヒビールのコマーシャルにちらっと出てくるあとりえ・チビッコに来ている健太のような気もした。だけど、今の日本は学校ではこういう時のマナーを教えることが出来ないでいるのではないだろうか。まあこのハーフボードがスポーツ界の芸術とすると、芸術にマナーはないかもしれないが。人が集まる場所にはマナーはあるべきだけど、こうした状況にある日本が問題なのでしょうね。彼の周囲にもっと本質的に優しい援助者(パトロン)がいればよかったのではないか。もう少し洗練した感じでインタビューが出来たのかもしれない。孤独な世界で勝負していると人の意見は聞きにくくなるのかもしれないが。マナーを学校で教えず、家庭でも教える時間がなかったり、所属するグループで個人を尊重しすぎて教えなかったらどこで教えるのだろう。とりあえず、今回の試合では8位に入賞し結果良ければすべてよしもあり、主義は貫けたと思う。

たまたま、時同じくして、私はバレンタインデーの気持ちを盛り上げるために、ニコラスケージの≪月の輝く夜に≫を見ていた。主人公の彼はパン職人で、いつもはTシャツで汗水たらして仕事をしているのだが、ここぞという時にとびきり素晴らしいスーツ姿で彼女をオペラに誘っていた。今関係ないかもしれないけど、私の好みとしてはそちらの方が良いのですがね。でも、いまから23年前の映画だから、次元が違うかしらね? 私には國母選手がこれからどのような大人になっていくかが楽しみ。そして、このスケートボードのハーフパイプという競技を彼のお陰でたくさんの日本人が知ったということもあると思う。その点で、國母選手に拍手を送りたいです!それは彼にとっては本意ではないかもしれないが。 もしかすると問題は別のところにあるのかもしれない。

國母選手と私は違うから、これからまたドイツやフランスに行く時、私は日の丸のゼッケンを背中につけた気持ちで行くけれどね。

| | コメント (0)

2010/02/13

バンクーバー・オリンピックとバレンタイン・デー

Olimpic_025a_2 ハートのデミタスカップを出しているとバンクーバー・オリンピックが始まっていた。一緒に綺麗に撮りたいと準備して何枚かをパチリ。オーロラの場面が素晴らしかったが見とれていた。カナダにいる友人の朝比奈さんはお元気だろうか。どうも日本にいるようでもあるが。

これからしばらくはテレビが忙しい。WiiFitでする体操の時間も私には大切な時間だし、映画の時間も大切だ。

明日がバレンタインデーだが、前述のように送る数を減らした。エスプレッソのコーヒーメーカーは我が家にはないが、ハートのカップに注いで落ち着いてコーヒーを入れて飲みたい。

| | コメント (0)

2009/12/05

泰広とケンタ@明日に続く挑戦

あとりえには以前、姉弟で来ていた内藤裕子さんと泰広君がいる。お姉さんは夕方のNHKのニュース解説で毎晩見ている。今年の初め3月終わりにNHKの朝のニュースで、内藤泰広君が取材した情報が放送された。それが私には我田引水と言おうか、うれしい話題であった。

三鷹光器(中村勝重社長)では新製品の開発にはスケッチで絵を書いてレポートにするそうだ。いろいろなアイデアを絵にすることで、イメージが作りやすくなるという。中村社長の、その社風で大手ができない新製品を作っているそうだ。朝早くのニュースだったのと、半導体などという私には無縁な言葉が多く、ついうっかりしそうな話題ではあったが、「アイデアを絵にする」という言葉で、私も注目して、メモをとった。その当時何かと忙しく、ブログに載せられず、この師走まで来てしまったが、姉弟というタグで内藤君のことを書いてみた。

ところで、ケンタがテレビCM(ココ)に出ていた。アサヒビールがオリンピックに協賛してのテレビCMで「明日に続く挑戦」で高橋大輔と一緒に出ている。遠くからスケートリンクを撮影し、「あれ、ケンタかな」と思ううちに、アップの映像でケンタになっている。にっこりすがすがしい笑顔で、いつものいたずらケンタではない。子供らしい笑顔をちょっとだけ大人の社会性でコーテイングしている風だ。でもすごくかわいい。

あとりえ・チビッコには始めに姉のエミが来ていた。このブログの初期にはエミの作品もある。インターネットには注意すべき点もあるので、小学生である彼のフルネームを書けない。いつか、いつの日かケンタが「銀盤の王子様」になった時にはカタカナの名前を=で消し訂正しフルネームで記したい。

ご両親が情操教育を考量して、姉弟をこの造形絵画教室に入れたのだと思う。姉のエミからの気安さからつながる信頼があるのかもしれない。スケートの表現は絵画造形の表現と違うが、表現するという思考過程は似ているので、何らかの良い作用は歴然とあるはずだ。スケートでは新しい工夫をするためには度重ねての練習と、自分の体を改造するほどの技術的、身体的な訓練があってのことだ。ケンタにとっては、工作や絵での表現はまた別のほっとする時間かもしれない。

私は一度だけ次女あいかとスケートを見に行ったことがある。いつかケンタの競技を見に行くようなチャンスがあったらうれしい。こうしてブログでは実名で書いていい人とまだ書いてはいけない人がいる。いつかケンタとエミの名前を実名で載せたいものだ。

と言うときっとケンタはこう言う「先生、その時まで元気でいるかな?」「グサッ」「君ががんばって早く高橋大輔みたいな選手になれば先生は杖をついてスケートリンクに行って、金メダルとったらその杖をリンクに投げるかも!」「グサッ」(これ冗談ですから)もちろん花束を投げますって。

そんな感じであとりえ・チビッコは続く。

※三鷹光器を工器と間違えて書いていました。訂正します。三鷹光器は宇宙開発や天文機器、医療機器を開発している。

| | コメント (0)

2009/10/21

ベイブレードとWiiFitPlus

004 今、男の子の遊びでベイブレードが流行っている。親戚のとも君に教えてもらって、こんな世界があるのだと分かった。

かなりたくさんの駒があるのだが、それは星座の名前がついている。ザジタリオ(射座)、レオーネ(しし座)、ブル(おうし座)、ペガサス、ウオルフ(オオカミ座)、ジェミオス(双子座)、スコルピオン(さそり座)、ストームぺガシス、エルドラゴン(りゅう)、ライトニングエルドラゴン(りゅう)、アースアクイラなどがあるそうだ。とも君から聞いたメモのほうを書いているので、間違っているかもしれないが。 016_2

ベイゴマにも似ているが、攻撃力、機動力、持久力、遠心力、防御力、重量などの性能を競わせるとタカラトミーの公式サイトで説明があった。

私はとも君の持っていないベイブレードをビックカメラで探し、お誕生日のプレゼントに先週持って行った。7年前の雨のざんざん降る日に生まれたとも君は今日7歳になった。私に子どもの世界を教えてくれる先生だ。

ところで私はと言えば、1年10カ月前に買ったWiifitを飽きずに続けて、前にときどき起きたぎっくり腰にはならなくなった。この間、鳩山さんが圧勝した日の前後にかけて、Wiifitの中の≪サッカーのヘデイングの初級≫で2回、パーフェクトを記録した。555点だった。運動神経は開発すればするだけ、伸びるとどこかで言っていたが、まさに私はそうだと言える。このごろではWiifitプラスも準備して、新しいゲームや運動のメニューで遊んでいる。

時間がない時でも、夜でも、やる気さえあれば、運動ができるので、私には合っているのだと思う。一番のお気に入りはボール入れとヨガの三日月とフラフープだ。このゲームを教えてくれたのは希望が丘のモモコちゃんとカノンちゃんだ。私にとって、子どもの世界を教えてくれる先生たちとはいつまでもお友だちでいたい。

| | コメント (0)