2020/09/20

寄せ植えの手直し@2020秋

今日八ヶ岳グレイスホテルの寄せ植えを手直しに行ってきました。セロシアとムラサキシキブを足しました。8月5日から激しい雨や日照りにも耐えてあの時よりも美しくなっている鉢もあり、自分が選んだ植物が厳しい天候を乗り越えたと感じ嬉しくなりました。

作品を作るというカテゴリーなのでFacebook、Twitter、そしてここブログあとりえちびっこに乗せました。

730daab983ab431bb4b86152efc6147d5eac8a4543184f2898b311142f3f417a

| | コメント (0)

2020/09/05

トキワ松学園の三木先生(能村堆子)

最近中学高校時代のことを思い出すことが増えたのは何故だろう。大学受験する孫に進路について聞いたからなのかもしれない。

私は61年前に中学受験して目黒のトキワ松学園中学、高校に6年間通った。小学校4年の時に腎臓病になり半年間学校を休み、中学に行く時に母は公立の男女共学校では体力が大変ではないかということから、実家から近くのトキワ松学園に進むことを選んでくれた。碑文谷の丘の上にあり、のんびりした校風は私にあっているようで特に中学の3年間は学年3クラスしかなくフレンドリーな空気の中で勉学に励むことができた。

何故かこのところ急に懐かしさが募っている。それは孫が大学に向けての進路の話になり、私も自分の中高時代を思い出し、あの頃の気持ちを反芻したからではないかと思う。

たくさん出会った教師の中でも生物の三木(能村)先生の授業が好きだった。確か生物は午後の授業だった。印象に残っているのは花か葉をケント紙に描写することがあった。普通だとノートの中に書くのに特別にケント紙だった。ケント紙は画用紙と違い表面が固く滑らかで消しゴムを使っても毛羽立たず、鉛筆でもインクでも滑らかな書き心地がする。次に私が進んだ女子美短大造形科でのグラフィックや製図など作品提出はケント紙を使い、その時にかつて中学でのケント紙を使ったことを思い出した。一言でクールな使い心地というべきか。多分その頃は三木先生御自身がウニの研究の論文を書く上でケント紙を使っていたのではないだろうか? それを私たち中学生にも使わせてくれたのかもしれない。その当時は街の文房具屋でも、学校の売店でも売っていたのかもしれないが、私はそういうアイテムを知らなかった。

かつてあとりえチビッコではケント紙を使って折りたたみの絵本を作り子供たちに描かせていた。ケント紙は厚く滑らかなのでマーカーを使い、滑るように描ける。また両面で描いても透けて滲まない、筆圧の弱い子が描いても鮮やかに見える。子供たちに自信を持たせられる気がした。

今までブログに自分のトキワ松学園時代を書いたことはあったが三木先生のことは初めて書く。自分が造形絵画を教えていた者としての立場で、三木先生のことはどうしても書かないといけないと思う。でも卒業してから同窓会やクラス会ではお会いするチャンスは無かった。友人たちと先生の話はした記憶は無い。

 

話は変わるが、私はブログの他にツイッターもたまに書いている。見ていると言った方が正しい。その中にミゾイキクコさんという方がいられる。86歳でお茶の水女子大学理学部卒。この方の存在が三木先生を確実に思い出させてくれた。

ツイッターではご自分の人生の歩み方を書きつつ、女性はこれからも好奇心や向学心を持って進んでいかないといけないと啓蒙している。かつての嫁姑の立場の悲喜こもごもとした様など。そして毎日の食事の写真を載せている。この間は朝日新聞に載ったようです。昭和の時代を生きてこられた大先輩として尊敬して読んでいます。その溝井さんの存在から三木先生を思い出した。先生は今お幾つなのか? どうしていられるか?ネットを検索してみた。

 

ウイキペデイアには名前は能村(旧姓三木)堆子。現在90歳。お茶の水女子大学理学部生物学科、東京都立大学生物学科卒を経てお茶の水女子大学理学部生物学科教授になられている。現在は名誉教授となっている。私が中学で教わったのはもう60年も昔のことになる。先生の教師人生の中ではたくさんの人と遇われているであろうから、私などを思い出すこともないと思われる。だから私から何らかの行動を起こすことは躊躇いがある。このブログに記するのは私のmemory記憶として書きたかった。

そして生物の授業の時間がその後の私の創作的な時間、花や生物への関心に多大な影響を与えたことを感謝している。そしてオマージュとしてここに記しました。三木先生ありがとうございました。

371cbc00e1d64dd3b3735c5b75ea5cba

| | コメント (0)

2020/05/30

不要不急の外出

最近我が家のマンションの上の階の方からリフォームのお知らせがあり、それが全面改装のリノベーションであるため、かなりの騒音があるとの報告がありました。

当初、騒音が酷いからと聞いた時に、パーキンソン病の夫の体調に負荷がかかるといけないとリフォームの予定表をマンションのエントランスに見に行きました。するとなんと!設計図には内部の駆体を取り去る旨が表示されていました。20年近く前にも駆体を取りかけて工事音が酷くリフォーム会社に年長者が抗議して工事を取りやめにした経過があります。駆体とは建物の主要な構造を作っている部分であり、基礎、床、壁、柱、屋根であります。

その後、今回の工事に関してマンションの管理人を通じての注意をリフォーム会社に連絡してもらい設計の訂正がなされました。工事時の騒音がどの程度かはここ最近の我が家の上下左右のリフォームの時から想像はできます。階段などでの利用が不便になり、夫の病気にはあまり良くないので、私は不要不急を選択しこちらの山小屋にきたわけです。もう40年経つ建物ですからリフォームは当然でありリノベーションもするでしょう、住んでいる方、新しく住む方とも仲良くしたいけれど規則は守って頂きたい。そう思いました。このリフォームもコロナで在宅されて考え始めたことでもあるのでしょう。

今回こちらの別荘に来たことは特に不要不急を理由にしていますが、全て夫の病気のためです。こちらの山小屋の住人の方から聞いたことですが、東京の車ナンバーなので車を煽られたと聞きました。そのため《長野在住》と言うシールを貼ったそうです。私は今のところそのような差別感は感じたことがありません。というより煽られるほどゆっくりは走らないからとも言えます。

人それぞれに不要不急には理由があるが、いちいち説明することはできません。その辺のあたりはもう少し寛容になれないかと思います。

この別荘地を購入する大きな動機は子供たちに自然の中で遊ばせたいという目的がありましたが、もう一つの動機は日本が中央集権でなく地方分権、地域主権になった方が良いという考えを持っていました。地震などの天変地異が起きても地方がそれぞれ主権を持っていれば中央を支え合い、援助できると考えられます。そこでよくキャンプをしていた長野を選び、そして八ヶ岳を眺められる佐久川上村を選んだのです。

山梨県も長野県も何年か前に地方創生を唱っていた時もあり、住民を増やす運動をしています。買って応援、食べて応援。そこで私は同じ食料品や園芸用品も買い物をするなら長野や山梨に着いてからと行動してきました。ですから今もその気持ちです。

そのような中で「不要不急、県を跨いでの外出はお控え下さい」と言うメッセージをマスコミのアナウンサーが言うのは理解できますが、県や市が昔提案していたことを忘れたように発言するのには疑問を感じました。

新型コロナウイルスに対して県民にあまねく言わなければいけないのですから、住宅密集地の首都圏からの移動者のコロナ発症は治療に医師や看護師が大人数必要となり、迷惑なことです。ですから不要不急の外出禁止は長野や山梨県の人にとっては当たり前とも言えます。

しかし、この地の別荘では3蜜ではありません。言わせて貰えば土地への固定資産税も、少ないですが村民税も払っています。ステイホーム!ステイセカンドホーム!です。

個々人に対してコロナというウイルスを除外するために、こういう移動の禁止の方法が取れることはわかります。しかし今度コロナが落ち着いて経済を動かす時は同県も他県の経済を動かすことが必要になるのだから、その辺も考えても欲しいものです。みんなで仲良くやって行こうと言う気持ちで! 寛容な気持ちで、でもコロナには厳しい衛生観念をもって!

ところで私が以前から国際情勢を勉強するためのサイトを読んでいました。そこにはまた違う角度からのコロナについての情報が書かれていました。田中宇の国際ニュース解説 無料版 2020529http://tanakanews.com/

時間があったら読むことをお勧めします。《911とコロナは似てる》

| | コメント (0)

2020/03/20

新型コロナから見えること

愛知県ではスポーツジムと福祉施設でのコロナ感染が広がり、2つのクラスター感染が広がっていると1週間前のニュースで言っていた。私が行っているスポーツ教室は特に希望者は一対一の個人レッスンの設定をしてくれている。部屋の窓を開けて空気を入れ替えて1人だけで指導してくれている。先生はマスクをし、私は苦しくなったらマスクを外している。ゆったりしたエアロビクスだ。

クラスターが増えているらしい。これからも情報はしっかりと収集していかないといけない。マスク以外にも外出する際の場所によっては使い捨て手袋などでガードしないといけないだろうか? 

このような時に私の教えた子たちはどうしているかと思う。よく絵の指導をしながら、「算数の112だけど絵は3とか5の時もあって100の時もあるのよ」と教えた時もあったけれど、これは想像力の世界でいろんな場面にも通用すると教えていたつもりだけど、このような感染症の対策も想像力を生かして対応しないといけないと思う。みんながどうしているかと思う。

そして多くの人がコロナの感染症に打ち勝ったとしても、経済が崩れ破綻して平和時の経済学が通用しなくなるかもしれない。私は芸術的な世界で生きてきたから経済的な世界はあまり考えないできたけれど、経済が破綻してしまったらリッチもプアもも同じスタートに立つのだろう。ただ私たち高齢者はたちあがるよりは崩折れるかもしれない。それは厚労省が問題にしている保険や年金の差し迫った状況にいい答えが出るのかもしれない。それは私たち団塊の世代には良くない、バッドなことでも国には良いこと、ラッキーといづれは言えることかもしれない。団塊の世代はサバイバルなのだ。勉学、結婚、墓に入るまでサバイバルなのだ。

それは日本国内での話であって全地球でのスケールで言えば、どうしようもない悲劇かもしれない。でも現実には買い物や自分だけの旅行をしようと思えばまだ出来ているから、平和は続いているのかもしれない。パンデミックを恐れて経済が破綻すれば、どこかで喜ぶ人がいるかもしれない。経済の破綻を恐れて自由気ままに動き回れば自分のすぐそばにコロナ感染者が出て自分も新型コロナになってしまうかもしれない。そのギリギリの瀬戸際で最小公倍数?最大公約数?のどこかに着地ができるようにしたい。どこかで誰かが旗を振って🚩「おーいこっちだ!」と言ってくれる公人がもしかすると出てきるかもしれない。

それもある意味で楽しみとしたい。

| | コメント (0)

2020/02/11

令和の早春と日々のこと

ココが亡くなってから8カ月は経った。まだ私にとって可愛いがる者が必要のようで、インコの飼い方の本を探したり、ペットショップに行き、インコやメダカを見てます。家の中に貼ってあるココの写真を撫でていたりもしています。そうしていないと落ち着かないような気もしています。

喫緊の課題は読書のまとめと特に「アルケミスト・夢を旅した少年」の感想を書かねばと思います。自分の健康に関することを優先して体操教室を週一は続けていくことを決めてます。相棒の介助がある程度は常に必要なので、自分の時間は切り刻んで組み込んでやっていかないとできません。イラストノートにマーカーで木を描いています。また時折はお菓子作り、小さな寄せ植えもしています。レモンケーキと蕎麦ガレット程度ですが、他にイギリスのお菓子作りの番組を見たりもしてます。こういうことをいくら大変でも実行していくことは自分のアイデンティティを守ることでもあります。

1日を朝の朝食から昼食、買い物、リハビリ、洗濯や掃除、夕食、お風呂、就寝も含めた時間の使い方を意識して管理しています。日照の良い時の散歩の介助などではまだ寒い季節なので相棒は放っておくと手足がひどく冷たくなっても平気でいます。もしも1人で彼が生活していたら1日は24時間ではなく27時間になるでしょう。車椅子で押し、パジャマや靴下を足が入るように揃え、し瓶を片付け洗い、夜中に起き上がれずに失敗した下着を洗うのは私にとってはまだ簡単なことです。これらは厭わずに出来ます。介護に関わる公的な書類の整理は巡りめぐって必要で、結構大変です。時間の制限のある用事や行事は今の私には大切であってもストレスになるようです。出来るだけ気ままに生活することが良いようです。

そして今コロナウイルスの危険があります。室内に閉じこもりつつ不足しかかっているマスクをガーゼで作っています。手指の《訓練》と布を幾折りしたら良いかの《計算》使う人の設定などの《配慮》が頭の体操になるように、私も惚けぬようにと努力しています。

また2人では時々しりとりをしてます。せっかく2人でいるのだからね。

そして、ベランダの鉢にはミカンを刺してメジロを誘っています。可愛さはココと同じです。インコよりは責任がありません。そして写真を撮る主人は嬉しそうです。

| | コメント (0)

2020/01/13

寒中お見舞い@2020

寒中お見舞い申し上げます。

皆さまお変わりなくお過ごしのことと

心よりお喜び申し上げます。

丁寧な年賀状をいただきながら

ご挨拶がおくれまして大変失礼いたしました。

今年もどうぞよろしくお願いします。

      令和21月吉日  豊田惠子

 

| | コメント (0)

2019/12/31

新しい2020&令和2

Twitterにはこう書きました

 

もうすぐ令和2年そして西暦2020

新しい年も除雪車のように困難を排除して行くわ!

今年ご縁があった方々と一緒にtubuyakiつつ💞

 

Facebookにはこう書きました

 

そろそろ新しい年が明けます。

心新たにゆっくりと進んで行きます。

よろしくお願いします。

 

ブログにはこの2つを並べます。

| | コメント (0)

2019/09/07

次世代のパワー

91日にマンションでの防災訓練が行われました。

火事の通報の注意点、AEDの使い方、急病人の運び方、煙体験をしました。私は相棒に朝「緊急の場合は火事場の馬鹿力でおぶってあげるから大丈夫!」と話していたので、「急病人の運び方」の体験をしたいと手をあげました。昔運動会でやっていた騎馬戦のように2人で運ぶのですが、もう1人誰かが必要でした。するとうちのマンションの下の階のお父さんNさんが手を上げて下さいました。一緒に手を交差させて運びます。重いかなと思いましたが軽くできました。「何かあったら言ってください」とおっしゃってくださいました。とても心強く感じ、胸に熱いものがこみ上げました。💞

また93日は相棒のお誕生日でしたが、午後と夕方と物凄い雨になり夜には雷がそこここで落ちました。

一度停電になり、我が家はインターネットが繋がらなくなり、お隣もそうかしらと聞きに行きました。ドアが開いた途端、「何かありましたか!?」と心配そうにお隣のご主人Mさんが聞いてくれました。事情を話すとすぐに家に来てくださり、いろいろと見てくれました。ただその時点ではルーターが故障ではということで解決はしませんでしたが、大変心強いことでした。

またこの間から相棒のパソコンが故障して一時は孫のトモくんが直しかけましたが解決できずにいましたが、Facebookでの長女の友人Oさんに頼み解決しました。

このように次世代の方々から助けられることを意識する1週間でした。

この話にはオチがあります。

3日のお誕生日には食事をしながらカーテンを開けて雷を見てました。川上村で花火を見れなかったから雷を見ようと思ったのです。ダイナミックな稲光でした。そんな罰当たりな考えがあったから雷がうちのルーターを壊したんじゃないかとも思えるのです。雷だけにオチがある。なんちゃってね。まだ横浜のネット事情は未解決です。

| | コメント (0)

2019/03/31

新年号まであと1カ月に起きたこと@相棒.犬etc

いつになく長い記事です。相棒のこと、愛犬ココのこと、お絵描き教室のこと、お墓参りのこと、新しい体操教室のことを書いています。私の周りに支持してくださる方がいる限り個人情報といえど申し上げていくのが本筋と心得て長くなりました。

相棒が鼠径ヘルニアの手術をしました。結婚してもう49年経ちますが初めての手術です。

手術室に入る相棒を見て、突発的にお絵かき教室をやめようと思いました。可愛い子たちが私を慕ってきてくれていることは最高の幸せです。また工作や絵の描き方を工夫して教えることも私の天性と自負していますが、これからは相棒との時間を一番大切にして行こうと決心しました。その合間に自分の絵を描くことや寄せ植えは工夫してやっていける範囲でと考えました。

手術室の所で先生と握手して「お願いします!」と握手しましたらとても柔らかい手でした。昔ファミコンをしている子は細かい操作が上手くいくから、外科医志望にはゲームはやらせてもいいのだと何かで読んだことがあります。手術は成功でした。とても気さくないい先生でした。横浜労災病院の玉地智英先生です。

相棒は3日間で退院でしたが、愛犬のココもずっと具合が悪く、夜に何度も私を起こすので、相棒の介助に専念するために動物病院のホテルに預けました。それから1週間ほどしてココが30分間にわたるてんかん発作を起こしました。異常な大きな声で鳴き、遠吠えを繰り返し体が硬直し、震えた後に抱きかかえてもダラーンとしてしまい涎が出ました。救急動物病院に連絡するも、かかりつけの病院の方が結果的に良いと判断して翌日大倉山動物病院に行きました。点滴や血液検査などのため、ココも3日ほど入院しました。血液検査の結果を書類に印字してくださるので大変よくわかり、長野に来る時もそのカルテを持ってきているので急変した時も他の病院に説明しやすいです。その後は薬の処方が良いようで、今は寝る時間が増えていますが、以前のように四六時中おやつをあげるようなことはなくなり、朝夕の2回にきちんとガッツリ食べてくれます。また今までは室内に自由にさせていましたが、飼い始めの様にケージに入れることをしました。そのためココはオムツをすることにしました。初めは私もウンチとオシッコの区別がつかずオムツの無駄使いやココ自身の不愉快さもあったと思いますが、今ではそのリズムを読めるようになり、ココも私も快適です。また川上村ではビニールプールをメルカリで買い、空気を入れて使っています。快適なココちゃんの別荘です。

また春のお彼岸が来て、娘たちにお寺さんと相対してもらえるように、一緒に福島いわきに行きました。 今回は車ではなく上野から常磐線で長女と行きました。行き帰りの車中で山盛りのおしゃべりをしました。日帰りでしたが、犬と相棒の面倒を弟に託しました。

忙中閑ありです。

川上の山小屋の友人が横須賀美術館の映画の挿絵の展覧会の招待状を送ってくれたので行きました。昔、父や母がよく話していた洋画の挿絵ポスターに癒されました。また描画材料が戦前戦後と変わっていく様子が見れてそれも感動ものでした。

それから2月いっぱいで終わってしまったタニタの運動教室の替わりに探していた教室が意外なところにあり。それは相棒のリハビリに行っているクニモトクリニックの隣に出来た「にこっと」です。まずは手始めにBB クラス、バデイ&ブレインです。機械も新しく気持ちよく使えそうです。年取ってくると新しいことに順応出来にくいですが、タニタのフィッツミーとは違いますが早く慣れて自分の体力を維持したいと思います。それがパーキンソン病の夫を支える力になるんですから! またそこまでは家から歩いて26分かかります。日々でいうと往復約1時間かかるわけですが、そこも乗り越えたいポイントです。

さあ新年号まで1ヶ月のブログ更新です。新しい年号は何となるのでしょうか? 私は漢字での表記ではなく、アルファベットで予測してみたいです。K もしくはO とでも言っておきましょうか。(笑)

追記:記事に謝りがありました。修正しました。

 

 

| | コメント (0)

2019/01/03

平成31年2019年のお正月



明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
昨日は娘たち夫婦がやって来て賑やかなお正月になりました。おせちも2日目で飽きてしまうのではとサンドイッチを用意しました。おせちの他に最近の話題を肴に賑やかではありました。ボヘミアン・プソデイ、演歌歌手、カラオケ、昔の私の失敗、孫のニュージーランド留学、自分たちの仕事に及びました。楽しい時間が過ぎ、孫は宿題をし始め、私はパソコンの写真の取り込みを若い人たちに聞いたところ、孫は宿題をしながら、ウィンドウズとiPad Pro、iPhoneまで全部のITの疑問や操作を解決してくれました。今から16年前に生まれて2、3歳から預かって山小屋にも行き、一緒にお風呂に入り、おぶって成長に携わってきた子がこのように進化したことが魔法をかけられたように感じました。新しい技術だけでなく優しさも充分な孫の成長は娘夫婦が反抗期も乗り切って頑張って愛を注いで育ててきたからと感じました。
そして最近は色々な生き方が尊重されていますがもう1人の娘は夫婦だけの家族構成であります。仲良く幸せに暮らしているので、いつか社会貢献を別な形でしていくのではと、彼女が作ったネギや白菜、紫芋を見て想像する私です。帰りがけに長女たちの車がバッテリーが上がり、それを次女の婿が直すというアクシデントがありました。年始でのおまけの兄弟姉妹劇でした。
その後にもう一つ長女たちが帰路に重大な交通事故を見たことは年始のエピローグなのかもしれない。恐怖ではあるでしょうが遭遇はしなかったのが今年の幸運と捉えて進んで欲しいです。
私も亥年の6巡り、車の運転は難しいお年頃です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧