2017/01/10

年賀状のデザインコンペ@2017

今年もあとりえチビッコのOBOGからの年賀状が届きました。学校の先生でもなく、こうして長くご連絡をいただくことはとても嬉しく思います。その中でとても印象的な作品を表彰します。


デザインが優れていると思われるのは、鶴のデザイン森屋葵さんとニワトリとお家の奥健太郎君です。


家族の写真が力に満ちて優れている宮崎ヒデタカ君、諸橋(橋本)一美さん、加藤俊介君、福本真菜美さんです。特に加藤さんは今年結婚され「奥さんは2人の妹とも仲良くしてくれていて、兄弟が4人になったようです。」と書かれていました。


今年の年賀状のデザイン大賞を発表します。🎶パンパカパーン🎶パンパンパ!パーン!
週刊誌仕立ての相川タカフミ君と酉年のインコをクッキーで作った堀切カホさんの2作品です。ささやかなご褒美を贈りますのでご夫婦または家族でコーヒーでも飲みに行ってください。なお個人情報は消してあります。

| | コメント (2)

2016/09/10

夏の思い出@2016



あとりえチビッコのブログを更新していませんでした。反省!
長野に滞在した時間が長いので、田園の誘惑に書くべきかも知れませんが。あとりえチビッコに関連したことでした。
まずは山の家に小川正人君がお子さんと奥さんを連れて来てくれました。最近身の回りのことが、自分の事と主人のことをやらなければならないことが多く、人の訪問を以前のようには受け入れられなくなっていました。でも正人君は教室のベスト5に入るくらいの初期の生徒さんだったのでどんなことがあっても頑張らなくてはいけないのです。息子のハル君がまだ1年2ヶ月と危ないことも多く、久しぶりの危険度に対応は大変でしたがやはり私は子供が好きなんだと再認識し、楽しませてもらいました。畑の脇に草が茂っていたのを刈り込んであり芝生までには至りませんが、危険が少なかったのでハイハイさせ、バッタを触らせました。怖がったりせずに持ってい られました。嬉しそうでした。次に家の中でラジコンカーで遊ばせようと車を持ってみると突然にタイヤが動いてビックリし大泣きしました。
今回もまた私の「楽しい時の写真なし」で芳州さんが撮ってくれていたので、ほっとでした。大変いい写真が撮れていました。
あとりえちびっこでは子供が小さい時にお母さんが決めて入会してきている方がほとんどです。現在大人になった正人くんのお母さんが私を選んでくれたのだと今でも嬉しく思っています。それは、現在Facebookでつながっている生徒たちも同じです。山本マユミちゃん、保刈あかねちゃん、横川リサ、ラミ姉妹、横山ユミちゃん、吉山マサトシ君、朝比奈タクちゃん、中山シュウイチロウ君、荒木ハルカちゃん、勝田マリコちゃん、西村マイさんのお母さんたち、お父さんたちに感謝しています。お母さんの津田ジュンコさん、小川ヤスコさんももちろんです。
今回のおもてなしは久しぶりに作ったチーズケーキとバーニャカウダでした。
追記:この記事を更新した後にやはりFacebookに載っていた柏尾アキコさんから承認がありました。彼女のお母さんも私を信頼してくださったお母さんの1人です。

| | コメント (0)

2016/01/21

年賀状のデザインコンペ

昨年は母が亡くなり喪中でした。我が家では喪中のお知らせは出しませんでしたので、ほとんど例年と変わらず皆さんからの賀状は届きました。こちらからは只今寒中見舞いを手配中です。
さて今年は猿年であとりえチビッコの元生徒さんからは猿の絵が描かれた賀状が届きました。素晴らしい作品がありましたので先生、急きょ閃きました! ブログの中で学年や年齢を超えての「年賀状のデザインのコンペ」です。インクジェットの用紙を使用している中から選びました。
奥健太郎君、森屋葵さん、相川貴文君の作品が秀逸でした。ここに展示して表彰します。いずれささやかなご褒美を送ります。返事はこのコーナーにコメントとして
入れて下さい。
住所など個人情報は消していますが本人の名前は載せておきました。




| | コメント (7)

2014/03/11

ピラカンサ町の原っぱの廃止

私の住んでいるマンションの隣にある、≪ピラカンサ町のはらっぱ≫は3月31日で廃止となり4月からは保育園整備用地となるそうです。あとりえチビッコの子供たちがお絵描きを終えてから遊んだ広場でもありました。歴代の子供たちの顔が思い浮かびます。

そして今日、ココとお散歩中にアラヤマチナミさんのお母さんとお会いしたら、チナミちゃんが多摩美術大学に入られたと聞きました。どちらの学科かを聞き忘れてしまいましたが、小さい時に彼女の方向性を決めていたことにかかわれたことは指導者としてうれしいことです。おめでとう。

Mati_004 そして原っぱは最近ピラカンサがバッサリ切られて、悲しい感じがしていました。でも、大雪が降ればその重みで折れたりするよりはいいかなとも、考えて、時間の推移は仕方がないとも思います。夏には葛が生い茂り、ススキも生えて、カマキリやトノサマバッタ、コオロギまでが捕れる、子供の自由な遊び場でした。やはり、待機児童を減らすことが大切なのでしょうか。

そしてそろそろ私があとりえチビッコを終えてから一年が経ちます。まだ工作用の木の欠片も捨てず、描画材料や色画用紙も捨てずにあり、気持ちはまだコンティニューなのですが。

| | コメント (0)

2013/10/25

お詫び:個人情報を一部削除しました

Hanakazari_1

本日、あとりえチビッコのブログの中に個人情報が掲載されているとのご指摘がありました。急ぎ、その部分を削りました。そしてまた検索し直してみました。がその部分は削除されていず、その記事をすべて削除しないといけないことが解りました。そこで記事を全部削除しました。ご指摘されたことを変更するようにしましたのでしばらくお待ちください。

また、お電話の始めに、私や家族への気遣いをされてから話し始めてくださった優しさに感謝しています。これからこのようなことがないように十分気を付けます。私のいたらなさがここで表出したのです。反省してお詫びいたします。

| | コメント (0)

2013/03/28

健太郎君からのメール

ブログに近況報告をした途端に健太郎君からのメールが入りました。

>先生こんにちは。4年生の夏に引っ越した健太郎です。
>アトリエ教室はとても楽しかったので無くなってしまうのが悲しいです。
>教室をやめて引越してからは絵を描く機会は図工の時間しか無いですが今でも工作や絵を描くのは得意です。先生のお陰だと思います。ありがとうございました。
>4月から中学生になります。受検に合格して電車通学で県立の中高一貫校に通います。
>中学生になっても頑張ります。先生も頑張ってください。

健太郎くんはいつもカサカサの細い筆で絵を描くのが好きでした。そして、今年も年賀状をいただきました。その年賀状の写真をじっと見ていたからかそのテレパシーが届いたのだろうか。4年生の夏に自分が撮った蝉の写真を私にくれたので、今でも壁に貼ってある。今は和歌山県に住んでいる。
そして、真菜美ちゃんや理子ちゃん、莉歩ちゃん、あと華穂ちゃんが同期でした。みんな健太郎くんのこと、懐かしがっています。健太郎くんの話ではおじいちゃんは木工がお得意でした。きっとおじいちゃん譲りの手先の起用さもあるのでしょう。
先生は大倉山の地から、皆さんの健やかな成長を心より祈っています。

| | コメント (0)

2013年春 近況報告

あとりえチビッコを終了してから2週間が経った。少しのんびりしながらあとりえの部屋の片付けと、絵を描くという習慣を続けている。

今まで自分の絵の発表をしていなかったので、自信というものはないが、子供たちが真似しないようにという、今まで持っていたストレスは感ぜずに、今度は自分を極力出さねばと感じて、一日小品を1、2枚をノルマにして絵を描きはじめた。

そういう中、今まで教えていた子供たちやあとりえのOBOG、またバレンタインデーにチョコを送った芳州先生の写真教室の方々からのお手紙、励ましの言葉を頂いている。そして子どもたちはもっと絵をやりたかった、6年生までやりたかった、楽しかった。そしてOBOGは私と一緒にいる時間が楽しかったとか、私はその感動に涙を流しながら読みました。

久米真紀子ちゃん、勝田麻里子ちゃん、保刈あかねちゃん、新沼早智子さん、木崎智子ちゃん、下平百合子さん、小川莉歩ママ、小柴智子さん、滝川奥さん、藤原奥さん、原正さん、下平怜奈ちゃん、竹内彩純ちゃん、由井達さん、いつもの吉田敏行ちゃん、太田君、脇田さん、矢部さん、門司さん、須永さん、宮崎君、私のかつての上司の古岡社長、清水昭代さん、伊藤智さん、岡田泰子さん、デラ、上田エイトマン、高原さん、木所さん、井上恭子さん、ナワタ良子ちゃん、常石敬一さん、片桐靖剛さん、山本麻由実ちゃん、大島さん、チョコと混同してわからなくなりそうだけど、もっとたくさんの方たちも、メールやお手紙を頂いた。それらはすべてB5のファイルに纏めました。地震があったら持って逃げるものです。元気が出なくなったら開いて読みます。

桜が満開の数日前の寒い日、散歩中、斉藤華純ちゃんにも会いました。どれだけみんなが大きくなっても私はあの時間に戻れる。子どもたちもきっと戻れると思う。私は自然の摂理で、すごく年とって経年劣化してしまうかもしれない。でもやはりここに住んでいようと思う。子どもたちと会えるから。

新しい生活は少しだけフワフワした感じもあるけれど、これからまた長野での農作業をして、元気にやっていきます。ちなみに「あとりえチビッコ」のブログの脇にある「お気に入り」に「田園の誘惑」を入れてあります。当分はその2本立てになりそうです。どうぞブログの方もよろしくお願いします。ところで4月1日を特に忘れないでね!

| | コメント (0)

2013/01/20

トイザらスLazooで遊ぶ・Ⅳ

今回のトイザらスでの≪プチlazooあとりえチビッコ≫はipadでの「グルグル」と英字はんこを使った教室をした。すべてが小さな空間での指導のため、ささやかだ。ハンコは私の私物で海外で求めた大切なものなので、本日日曜日の私の助手の教室では使わない。その点はよろしく。


Toysrus_119c 子供たちの中にはリピーターの子、ユズちゃんもいた。配色を説明したが、自分の近況を話すのに夢中になっていた。絵を描くことは今まで言い続けていることだが、子供の心を開くので、作品の出来不出来よりは精神的解放の方が益が多い。ユズちゃんは明日キッザニアにおじいちゃんと行くそうだ。何のお仕事をするの?と聞いたが、意味がわからなかったようだ。こんどもしかすると報告に来るかもしれない。Toysrus_119b

あと、ハナちゃんとナナちゃんも一緒に描いた。お別れする時、さようならをしっかり目を見てさせた。「おめめ、ごっつん」

Toysrus_119a 視力を回復中の女の子は始めは、目の事が心配で描く事を躊躇っていたが、描きはじめると楽しくなっていった。あとりえチビッコには目が悪くてお絵かきをしていたミチルちゃんもいる。彼女は牛乳瓶の底のような眼鏡で絵を描いていたが、学年が上がるにつれてピアノに夢中になりオーストリアに留学した。数年前、あちらの方と結婚し眼鏡をはずした美しい姿の写真をいただいて驚いた。

私はこうしてお絵かき教室をしているけれど、何かの形で子供のための事がしたいと思っていたのが小さな力だけど実現できている。この仕事を下さった方々に感謝している。

| | コメント (0)

2013/01/14

雪の成人式@2013

Yuki_004 今日は2013年の成人の日だ。何日か前から、今日が大荒れの天気になると言っていたが、その通り、大粒の雪が降ってきている。芳州は千葉大スキー部の同輩の友人が昨年暮れに亡くなったので、数人の友人と連れ立って弔問に行っている。その友人Kさんは私たちと同じ位夫婦仲が良くて、スキー部の年に一度の会ではお酒を酌み交わしあい、言葉や仕草の節々にその夫婦を労わる気持ちが感じられた。永いこと癌を患っていたと聞いたが、去年の浅草の会でお会いできなかった時にあれっと、思ったがそうであったのかと頷く。白い雪が舞う中、私の友人ではなかったが寂しさがよぎる。人は永遠の命をもらえていない。一緒の時間を共有するのであったら仲良く楽しくしていたい。

ところでそのような気持ちを心「ハート」の半分に持ちながら、今日はあとの❤の半分は成人式への気持ちが湧きおこる。自分の1967年のことを思い出し、2013年の成人たちへの気持ちと、あと2023年には親戚の「あの子」も成人式だ。今年の成人式は身近では横川ラミちゃんがいる。この雪の中、振り袖は大変だろうと思いつつ、あの子が生まれた日の事を思い出す。姉のリサちゃんがお絵描きに来ていて、お母さんが出産だと、お父さんが迎えに来たことがあったような気がする。若干記憶は怪しいが。お父さんがとても若く、若者だった。この間会った時、お母さんはお父さんが今では太ったおじさんだとおっしゃっていた。年月が感じられるエピソードだ。

では成人の日に一言。この雪が降ったように、これからの人生は結構大変だ。でも私たち団塊の世代はずっと「あなたたちは人数が多いから大変。」「結婚も大変、赤ちゃんを産んだらその子も大変」「お墓に入るまで大変」と言った人もいた。だが真面目に、人にやさしく正しい事をしてきて、現在幸せになったと思っている。だから、心情を正しく生きて行けばきっと、幸せになれるはずだ。天変地異は抗しようもないけれど。

まあ、とにかくおめでとう。はたち君たち! 今日から正しくビールもシャンパンも飲めますよ~ 乾杯! winebeer

| | コメント (0)

2012/11/16

落ち葉を描く@2012

Otiba_keyaki 落ち葉を子どもたちに描かせた。
その前日、マンション内のケヤキやサクラの高木を植木屋さんが来て切った。かなり高いところまで登って切る姿は、めったに見れないすごいことだ。
そのまた前の日には雨が上がった地面に落ち葉が着いていて

「ケヤキの木にはケヤキの葉が、百日紅の木には百日紅の葉が、桜には桜の葉が落ちていた。春には新緑の若葉が出て私たちを心躍る春のワクワク感をもたらした一枚の葉が、いろいろの変化を遂げている。私たちはどんな葉になっていくのだろう。」

Otiba_asumiOtiba_riho そんなことを考えていたらニュースで森光子さんが亡くなったという。享年92歳、母と同じ年だ。今私がこの記事を書いていると追悼番組が流れている。 そして私はこのあとりえチビッコのおけいこの中で子どもに日日を入れる時になって、その日が結婚記念日だということを忘れていた。42回目の結婚記念日。

Otiba_hirotoOtiba_manamiOtiba_reina_2あくる日の15日に2人で新横浜のつばめグリルに行った。後ろの席にあとりえちびっこのOG、下谷地さんが居たのにはびっくりした、きれいになって、相変わらずショートカットが似合っている。キャビンアテンダントの仕事で、シカゴとロンドン、時々日本とのこと。道理でナプキンをたたむ後姿が美しかった。彼女の登場でプラスの幸せな時間だった。

Otiba_rinOtiba_tomoya 子どもたちの落ち葉の課題は観察と美しさを感じることを主に指導した。

| | コメント (0)